Date: 2017/02/10 (金) - 00:00

成長するにはわけがある~モロッコ工場の例

グローバルに事業を展開する私たちとしては、少なからず、企業としての大きな決断を迫られることがあります。どのようにして製品のラインナップを拡充すればよいのか。どのようにして競争力を維持してゆくのか。このまま拡大し続けるべきなのか。 グローバル規模で大きく増加し続けるニーズに対応するには、このような課題をどう解決していくかが大きな鍵となります。 そして、本当のところ、私たちがその答えを見いだすには、「どう拡大してゆくのか」ではなく、「どのような存在価値を、新しい場所で見いだしていくのか」が重要…

Date: 2017/01/26 (木) - 00:00

ARaymond™ メタルP2L®~強度アップされた燃料コネクタ

自動車業界は急速に進化し続けており、それに伴う規制では、さらなる高性能や小型化などの新技術が求められています。その結果、ボンネット内温度や燃料システム内の圧力への要求仕様が一段と高まってくる反面、組立ラインでは、簡易性とスピードが強く求められています。 この状況に、ファスナー製品全般が、そして燃料コネクタが、適応していかなければなりません。世界中の自動車に搭載されているARaymond™のプラスチック製コネクタをご存知でしょうか。この度、その弟分である「メタルP2L®(Push to Loc…

Date: 2017/01/24 (火) - 00:00

サステイナブル(持続可能)な未来に向け、より強固な基盤を築くARaymondトルコ

過去10年間に渡り、ARaymondトルコ※は、イスタンブールの近くにあるコジャエリ工場の生産ラインを、拡張し続けています。自動車業界からの需要が増加し続けている中、ARaymondトルコは、工場の生産量と倉庫の収容能力を拡大させることを決定しました。その結果、現在、元の工場を2500㎡拡張して、新社屋を建設しています。「増え続ける生産量」トルコ工場を拡張することになったのは、顧客からの注文が増加したことによります。電気製品や冷却装置のための部品の依頼が増加するに伴い、ARaymondトルコは…

Date: 2017/01/20 (金) - 00:00

インドの自動車業界におけるARaymondの新しいチャレンジ

2016年12月8日、ARaymondは、毎年、インドのプネー市で開催されている「第3回ITB燃料システム技術会議に参加しました。燃料コネクタのグローバル研究・開発・イノベーション担当ディレクタであるLaurent Guerbéは、その会議の中で、ARaymond※の代表として、「Quick Connector~自動車・トラック・二輪車用の燃料とSCRシステムのトレンド」と題した講演を行い、燃料用および尿素システム用として、ARaymond™の革新的かつ信頼できるソリューションを紹介しました。…

Date: 2016/10/27 (木) - 00:00

ARaymond India、ヒューマン・リソースと輸出分野において優秀賞を受賞

ARaymond India* は、インド自動車部品工業会(ACMA)の第56回年次セッション・全国会議で、ヒューマン・リソースと輸出分野のプロセスにおける優秀賞の受賞という栄誉を受けました。「この度は、お客様、OEM(相手先ブランド名製造)メーカー、ACMAのメンバーでもある同業者グループの大半といった1000企業以上の皆様を前にこのような賞を頂き、誠に光栄に存じます。」とARaymond Indiaのマネージング・ディレクターManish Padhariaは述べました。賞は、インドの重工業…

Date: 2016/10/11 (火) - 00:00

ARaymondエンジニアリングの成功...そしてイタリアのFastener Fairでその成功を披露

食品産業、エネルギー産業、自動車産業、そしてファッション産業でさえも、小型部品の販売業者たちはみな、「成功の鍵は正しい部品を販売することだ」と口を揃えて言うでしょう。当然、その逆を試みたり証明したりするのは馬鹿げています。但し、重要なのは次のことです。その製品が正しい製品だと、どうしたら分かるのでしょうか?ARaymond*は、答えを見つけ出しました。製品よりもむしろ、ソリューションを理解することで答えを見つけるのです。 もちろん、スタート時点から始めることが重要です。エンジニアリングが当社…

Date: 2016/09/06 (火) - 00:00

コラボレーションが切り開く、新たな道筋:イノベーションデイ@トヨタ・テクニカル・センター

同族経営企業として設立されたARaymond*は、過去数年間にわたってパートナー・ネットワークの構築を推し進めてきました。そのために、イノベーションの実現はもちろんのこと、 コラボレーションの積極活用にも努めてきました。なぜでしょうか。協働こそ、 パートナー・ネットワークの拡大と強化 につながるからです。その一例として、ARaymondは2016年6月9日、ミシガン州ヨーク・タウンシップの トヨタ・テクニカル・センター(TTC) においてイノベーションデイを開催しました。新たな絆を結ぶ機会同イ…